スマートフォンも、タブレットもデバイス(端末)

そのもののセキュリティとか

不正アクセスを防ぐ手段として、パス コードロック

というものをかけることができますよね。

 

 

実はLINEアプリ自体にもパス コードで

ロックをかけることができるんですよー。

 

 

スマートフォンやタブレットといった

デバイス自身のパス コードロックと

LINEアプリ単体でのパス コードロックといった、

二重のセキュリティーロックということになります。

 

 

プライバシーを守りたい。

 

 

極秘なやりとりをLINEのトークで行っている場合とか、

 

 

妻には内緒のトークを行っている場合とか、

 

 

夫には内・・・

 

 

・・・すみません。これぐらいにしておきます。汗

 

 

ようするに、LINEアプリ自体に

パスコードでロックをかけておくと、

例えば電車やタクシーの中に

スマートフォンを忘れてしまった。

 

 

盗難にあってしまった場合であっても、

LINEのトークを見られるリスクは、

極度に低くなります。

 

 

それでは、設定の手順についてご紹介しますね。

 


LINEアプリにパスコードを設定する場合

 

(1)LINEアプリのホーム画面の下段メニュー

   「・・・」(その他)をタップする。

 

(2)「設定」(歯車アイコン)をタップする。

 

(3)設定の画面が表示されるので、「プライバシー

   管理」をタップする。

 

(4)プライバシー管理の画面が表示されるので「パス

   コードロック」のトグルスイッチ

   をタップし、ON(緑色表示)にする。

 

(5)パスコード入力の画面が表示されるので、

   登録したいパスコード 4桁 を入力する。

 

   パスコードは、スマートフォンのパスコードとは

   全く異なるコードで設定してください。

   また、誕生日や電話番号など、他人が

   あなたに関係する番号として容易に推測できる

   番号は避けてください。

   同時に、あなた自身が忘れない 番号であることも

   大事です。

 

(6)パスコードを入力し終わると、

   パスコード再入力の画面が表示するので、

   もう一度同じパスコードを入力します。

 

(7)「(5)」と「(6)」のパスコードが一致した場合、

   プライバシー管理の画面の「(4)」の設定が有効となる。

 

(8)iPhoneの場合で Touch IDを有効にしている場合は、

   「Touch ID」の項目がON状態(緑色表示)で

   出現する。

 

   Touch IDを無効にする場合は、

   「Touch ID」の項目がをOFF状態(灰色表示)にする。

(8)「<」または「X」をタップして設定は終了。

 


LINEアプリに設定したパスコードを解除する場合(初期状態に戻す)

 

(1)LINEアプリのホーム画面の下段メニュー「・・・」(その他)

   をタップする。

 

(2)「設定」(歯車アイコン)をタップする。

 

(3)設定の画面が表示されるので、「プライバシー

   管理」をタップする。

 

(4)プライバシー管理の画面が表示されるので「パス

   コードロック」のトグルスイッチ

   をタップし、OFF(灰色表示)にする。

 

(5)「<」または「X」をタップして設定は終了。


 

以上で設定は完了です。

 

 

前述した

 

【iPhone 版 LINE(ライン)アプリ の通知の音などはオンにして内容の表示をオフ設定にする】

 

【Android 版 LINE(ライン)アプリ の通知の音などはオンにして内容の表示をオフ設定にする】

 

と組み合わせると、より効果的です。

 

 

最近ではプライベートに限らず、会社の業務でも

LINEのトークが使われ始めています。

会社の業務となると、ほぼ100%極秘情報の

ものばかりです。

 

 

仕事ですから、

遊びでやっているわけではなく

営業でしたら、お客様の個人情報だったり

技術でしたら、先行研究技術情報や、

取引先情報だったりするわけです。

運送業も、お客様の連絡先といった

個人情報を所有しています。

 

 

完全に極秘情報の塊です。

 

 

ですので、会社で積極的にLINEを使う場合は、

この設定はセキュリティー面の上では必須と

なりますので、必ずパスコードを設定した状態

しておいてください。

 

 

ちなみに、いまはどの会社でも常識なのですが、

故意はもちろんダメですが、過失でも、

極秘情報の外部の漏洩は、

懲戒解雇の対象として

会社の就業規則に明記

されています。

 

 

副業は完全に禁止しているところもあれば、

会社の就業に支障をきたさない場合であれば

容認すると明記されているものがあります。

 

 

一方、情報漏洩はどの会社でも処罰の対象になっている

はずです。

 

 

会社勤めしているあなたの職場でも、毎年に1度

就業規則の誓約書にサインをしているはずです。

 

 

これは、過失であっても 会社の極秘情報を持ち出しして

セキュリティー事故があった場合、いきなりクビになっても

文句をいいません。

 

 

という誓約をかかされているんですよ。

 

 

会社によっては、極秘情報を無断で持ち出す行為自体、懲戒解雇の

対象となるところもあります。

 

 

僕が、個人のスマートフォンで業務連絡をLINEでするのを

批判しているのは、こういった理由もあったりします。

 

 

個人のスマートフォンで、プライベートで楽しんでいるLINEで

いやいや仕事のメッセージが入ってくる。

オフでも入ってくる。

既読しないとサラリーマンとしてまずい。

でも通信費用は定額といえど自分持ち。

既読して返事を書く時間はタダ働き。

 

 

そして、スマートフォンを紛失してしまったら、

最悪 懲戒解雇(即刻クビ)ですよ?

 

 

嫌じゃないですかー。

 

 

なので、あなただけでも、最低でも、

LINEアプリ自身のパスコード ロックを

かけておいてください。

 

 

できれば、あなたの知人にも教えてあげてくださいね。

 

 

あるいは、仕事でLINEを使うのをやめるかです。

 

 

折角のLINEアプリ、こんなことで人生台無しに

したくありません。

 

 

楽しく活用し使っていきましょう!!

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

LINE@友達募集中!!

いつもメッセージをいただき、ありがとうございます。

もしよければLINE友達になっていただけませんか?

下記をクリックすると友達登録となります。
http://line.me/R/ti/p/%40aig5617w
友だち登録後、お返事いただけたら幸いです。

★町田和彦公式ブログ(LINEスタンプクリエイター)
http://machidakazuhiko.com/

★町田和彦公式メールマガジン「つながるLINE活用術」
http://machidakazuhiko.com/lp/

★町田和彦 facebook
https://www.facebook.com/msmachidakazuhiko