LINEのコミュニケーション機能のなかで

メインとなっている機能、トーク機能。

【LINE(ライン)の無料で電話ができる(LINE Out)の使い方】

で紹介したように、

 

・パケット通信を使用するため、パケット定額サービスは必須。

・パケット通信を使用するため、パケット上限に注意しなければならない。

・LINEアプリが入っていない、固定電話、携帯電話へ通話は通話料金がかかる。

・通話領域や、通信速度が遅くなる場所での通話品質が圧倒的に悪い。

・なりすましや、いたずら電話に使用されやすい。

・運転中のハンズフリー通話が対応したデバイスカーナビや、ハンズフリーデバイスとの連携ができない。

 

といった課題やデメリットを持っています。

 

 

でも、やはり

 

通話料が無料!!

 

これは、とても魅力的だと思うんですよー。

 

 

要約すると、

 

LINE Out(無料通話)を使う場合は

・WiFiでない場合は、パケット代は、あなたにも、友達にもかかる。

・固定電話、ガラケー、携帯電話に対しては、通常電話回線を使うため「有料」となる。

 

つまり、

 

あなたと、友達がWiFi接続していない場合は、長時間の通話は遠慮しておく。

スマフォや、PC、Macじゃない人には、通話そのものを遠慮しておく。

 

 

この2点を常に配慮しておけば良いと思います。

 

 

また、LINE Outは使い方によって、

あなたの友達の悩みを解決する手段として有効なんです。

 

 

例えば、トーク中に、あなたの友達が何かに困っていたとします。

 仕事関係だったりとか

 友達関係だったりとか

 金銭だったりとか

 家族だったりとか

 その他人間関係だったりなど、

 

 

そんな時は、トークであなたの時間が許す限り、助けてあげてください。

 

 

でもトークでのやりとりは、テキストでのメッセージなので限界が

あるかと思うんですよ。

 

 

その時は、トークで一言。

「もしよければ、今から電話で話そうか?」

とトークのメッセージで言ってみてください。

 

 

当然ながら一瞬、あなたの友達は少し戸惑うかもしれません。

 

 

でも、自分の悩み事を親身に聞いてくれると考え、

気持ちが嬉しくなると思うんですよね。

 

 

メールでもそうなんですが、LINEのトークも、

友達の表情や声色といった、雰囲気というか感情がつかみにくいところがあり

何気ないメッセージでトークをやりとりしている中で、

ついつい、友達の気持ちを無視したメッセージを出してしまうことがあります。

 

 

メッセージではLINEの向こう側はどんな気持ちでいるんだろう。。。

 

 

さすがに「今の気持ちは?」とはトークでは聞けません。

 

 

そんな時は、

「もしよければ、今から電話で話そうか?」

とトークのメッセージを出してみましょう。

 

 

非常識な時間帯でなければ問題ありません。

 

 

電話していいかどうかの判断は、あなたの友達に委ねるわけですから。

 

 

また、同時にあなたの友達の悩みの深刻度を知ることもできます。

 

 

「電話するほどでもないから大丈夫」

とか

「今忙しいからダメ」

といった返事が来たら、

深刻な悩みではないということです。

 

 

引き続きトークのメッセージで悩みを聞いてあげてください。

 

 

また、電話を拒否されたからあなたが嫌いだからというわけではないので、気になさらないでくださいね。

 

 

嫌いな人に対しては、あなたの友達も、LINEでトークをしたりしないはずですから。

 

「電話OK!」

 

であれば、すぐにLINE Outで電話してあげてください。

 

 

テキストではなく、あなたに悩みを聞いてもらうことで、あなたの声を聞いたくことで

あなたの友達の悩みが解決する可能性が比較にならないほど高くなります。

 

 

言うまでもありませんが、多用は禁物です。

 

 

あなたの友達が困っていることがありましたら、LINE Outを使って助けてあげてください。

 

 

 

 

余談ですが、電話しても良いときは、特に目の上の人に対しては、親しい友達以上に気をつけた方がいいです。

 

 

僕は、悩み事というか考え事にハマってしまったことがあり、目の上の人、つまり人生の師匠といった

方に、真夜中に

「今から電話してもいいですか?」

とメッセージを送ったことがあったんですよね。

 

 

師匠からは、

「何も考えがまとまってないのであればダメです。少し冷静になりましょう、しっかりと考えをまとめたうえで電話をしなさい。」

のお叱りのメッセージをいただいたんです。

 

 

ご指摘の通り、

「どうしていいかわかりません!」

の状態でした。

 

 

少し冷静になって考えたんですよね。

 

 

その考えた内容をメッセージでやりとりし、結果的に解決に至ったわけです。

 

 

目の上の人に対しては、考えをまとめたうえで連絡をすること。

 

 

仕事でも同じです。

 

 

目の上の人は、LINE上では友達であっても、友達ではないので注意してくださいね。

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

LINE@友達募集中!!

いつもメッセージをいただき、ありがとうございます。

もしよければLINE友達になっていただけませんか?

下記をクリックすると友達登録となります。
http://line.me/R/ti/p/%40aig5617w
友だち登録後、お返事いただけたら幸いです。

 

★町田和彦公式ブログ(LINEスタンプクリエイター)
http://machidakazuhiko.com/

 

★町田和彦公式メールマガジン「つながるLINE活用術」
http://machidakazuhiko.com/lp/

 

★町田和彦 facebook
https://www.facebook.com/msmachidakazuhiko