前回の記事では、これでわかる超初心者はじめてのLINE BLOG(ラインブログ)のプロフィール画像の設定方法について解説をおこなってきました。

 

繰り返しいいますが、LINEブログでも無くてはならない初期情報

あなたのプロフィールの設定を解説していきます。

 

あなたのブログを訪れた人が一番最初に目にするプロフィールは顔で、

プロフィールの顔は、半分以上重要ですと解説してきました。

 

今回は、残りの半分以下の紹介文ですが、

もし、いまプロフィールの画像に対し少しでも不安

があるのでしたら、ここを立ち去ってください!!

 

 

いやいや。勘違いなさらないでください。

ここを立ち去ってくださいというのは、もう一度、これでわかる超初心者はじめてのLINE BLOG(ラインブログ)のプロフィール画像の設定方法を行うために、いったんこのページを去ってください。という意味ですよ!笑

 

 

どこかの異常に厳しい塾や道場ではないので安心してくださいね。

 

でもプロフィール画像に対しこだわりを持つのはとても良いことだと思います。

 

だって、それだけあなた自身があなたのブログに対しそれだけ気にかけてる

ということじゃないですかー。

 

 

普通の人だったら、プロフィール画像つくって、それっきり放置プレイ。

 

それに対し、そうではないあなたは、絶対に素敵なブログに育て上げられると

僕は思います。

 

 

プロフィール画像は、いつでも変更できますので妥協せず納得のいく

ものにしてください。

 

 

ところで、プロフィールの設定の残り半分以下の部分、紹介文と背景の設定について解説します。

 

自己紹介文ですが、プロフィール画像の次に大事な内容だったりします。

 

初めての訪問者は、まず、あなたのプロフィール画像を見るわけですが、

 

なんとなーく「ここのブログ面白いかもー。」と感じて、次回も訪問したくなるわけです。

みんながみんなそうではないのですが、初めてきてプロフィールの紹介文をみることだってあります。

 

紹介文は、2度目、3度目の訪問のときに、そういえばこの人はどんな人だっけ?

 

といった気持ちであなたのプロフィール紹介文をみるわけです。

言葉を悪く言うと、舐めるような感じで見ます。

 

 

なので、プロフィール画像は、はじめてのつかみで

紹介文は継続してブログを読んでいただく意味で

訪問者に対し良い印象を与え続ける、あなたが

アピールできる文章だと思っててください。

 

 

いいですか?

 

 

紹介文に「特になし」とか「趣味は映画鑑賞」だけはダメですよ?

 

 

ちゃーんと書いてくださいね。

 

 

とはいっても、自己紹介文は300文字までなので長々と書くのもNGです。

 

 

それではプロフィール紹介文の設定の方法についいて解説しましょう。


(1)スマートフォンのホーム画面から

   「LINE BLOG」アイコンをタップする。

 

(2)すると「フォローしよう」の画面が表示されるので、

   下段メニューの右端にある 人アイコン(My Blog)

   アイコンをタップする。

 

(3)あなたのプロフィールの画面が表示されるので、

   真ん中にある「設定」をタップする。

 

(4)設定の画面が表示するので、「プロフィール設定」をタップする。

 

(5)画面下の方に、自己紹介のボックスがあるのでタップする。

 

(6)自己紹介文を入力する。

 

(7)入力が完了したら右上の「保存」をタップする。

 

(8)設定の画面に戻るので、左上の「<」をタップする。

 

(9)以上でプロフィールの自己紹介文の設定は完了です。


次回はプロフィールの背景画像の設定についての解説をします。

 

 

それまでに設定しておきたい背景画像のファイルを用意しておいてくださいね。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

LINE@友達募集中!!

いつもメッセージをいただき、ありがとうございます。

もしよければLINE友達になっていただけませんか?

下記をクリックすると友達登録となります。
http://line.me/R/ti/p/%40aig5617w
友だち登録後、お返事いただけたら幸いです。

 

★町田和彦公式ブログ(LINEスタンプクリエイター)
http://machidakazuhiko.com/

 

★町田和彦公式メールマガジン「つながるLINE活用術」
http://machidakazuhiko.com/lp/

 

★町田和彦 facebook
https://www.facebook.com/msmachidakazuhiko